スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    米先物取引、2年間の試験的上場を認可した民主政権。

    とりあえず今回の給料泥棒は農水省とそして政治家達だと言っておこう!
    いったい誰のために働いているのか、この給料泥棒達は!


    いよいよ我々日本人の主食である米を投機の対象、マネーゲーム(ギャンブル)にするという、民主党が許可した売国政策が始まる。

    「国民の生活が第一」と言っていた民主党は解散総選挙をしたらもう終わり!
    跡形も無く消滅だろう。そうさせないとならない。



    【米先物取引、2年間の試験的上場を2011年7月1日に認可した民主政権】


    監督官庁は農水省、大臣は鹿野 道彦(民主党所属 2009年の第45回衆議院議員
    総選挙では山形1区で、9年ぶりに小選挙区で当選を果たした)

    日本の米生産額は2009年では1兆7,950億円(年間生産量約850万トン)。

    この金額に対し先物取引は証拠金(商品価格の十分の一から二十分の一)で
    アメリカ映画などでよく見るラスベガスのとばく場のチップみたいに賭ける訳ですね。

    そしてこのばくちに参加するのは世界中の大金持ちだけではなく、われわれ一般市民ももちろん参加できる訳だが、ここでちょっと冷静に考えてみてほしいのだ。

    単純にに考えて、1兆7,950億円の生産額に対して十分の一の証拠金で参加できるとすると、1,795億円の掛け金での日本人の米の値段を左右する事が可能になるって事なんじゃないのか?この程度の金額で?・・・

    先物の仕組みが詳しくはどうなっているのか知りませんし、知りたくも無いですが・・・
    殆どの日本人に影響する事件でしょう。

    今日10Kgが3,000円で買えた米が明日は5,000円、7,000円になるかも知れないってことですよね。

    当然この市場には外国資本が入ってくるでしょうから1,795億円程度の金額はおこずかい程度の金額でしょうね。しかも金利ゼロで調達出来ますし。

    こうなると東日本大震災で取り残された家畜や、ペットのワンちゃん猫ちゃん達のようにやせ細って目つきをぎらぎらさせながら、食料を捜し歩くのも時間の問題ですね。
    米は余っていいるのに殆どの日本人は高くて買うことが出来ない。

    食料の安定こそ経済・社会安定の基礎であるという原則を無視すればあとは「米一揆」や「暴動」しかないでしょう。獣の道です。



    ウウイキペディアより引用

    生産及び貿易状況

    世界の米の生産量(2000年)
    年間生産量は6億1000万トンを超える
    (籾。以下いずれも農林水産省「海外統計情報」より、「FAOSTAT」の2006年統計[1])。
    米は小麦(年間生産量6億595万トン)、トウモロコシ(年間生産量約6億9523万トン)
    とともに世界の三大穀物といわれる。
    生産量は増加基調だが、在庫量は需要の伸びを背景に2000年をピークに減少している。
    在庫率は2006年には20%を割り込んだ[2]。米の9割近くはアジア圏で生産され、消費される。
    最大の生産国は中国で、インド、インドネシアが続く。米の貿易量は、増加傾向で推移している。
    最大の輸出国はタイで、アメリカ合衆国、インド、パキスタンが続く。
    上位四カ国で、世界の貿易量の7割を占める。 米は他の穀物に比べ、生産量に対して
    貿易量は少ない(生産量の約7%、なお、小麦は約20%、トウモロコシは約12%が生産量に
    対する貿易量となっている)。これは、米は基礎食料として国内で消費される傾向が強いため、
    生産量に占める貿易量の割合が低くなっているためである[2]。
    そのため、小麦やトウモロコシと異なり、国際的な商品先物取引の対象商品となっていない。

    国際取引指標は、タイ国貿易取引委員会 (BOT) の長粒種輸出価格。

    日本における生産状況

    日本の農業において米は、最重要の農産物であり農業総産出額において、単独の
    農産物として最大の割合を占め続けている。しかしながら、近年、生産額・構成比ともに
    縮小傾向にあり、生産額は、1984年の3兆9,300億円(年間生産量約1180万トン)をピーク
    として、2009年では1兆7,950億円(年間生産量約850万トン)程度まで縮小しており、
    構成比については、1960年代50%前後を占めていたものが、一貫してその比率を落とし、
    2009年は22.3%となっている。農作物を米、野菜(米、果物を除く耕種)、畜産、果物に分類
    したときの構成比としては、2000年前後には畜産に、2005年前後には野菜に抜かれ、
    日本の産業としての農業における地位は年々低下している[3]。
    米は、日本の戦後農業政策の根幹であったため、原則として輸入がなされなかったが、
    ウルグアイ・ラウンドにおいて、関税化を延期する代償としてコメにおいては他品目よりも
    厳しい輸入枠(ミニマム・アクセス)を受け入れ、1993年以降、年間77万トンの輸入を行っている。




    内橋克人201107050643Nhk1Amビジネス展望「米先物取引を認可した民主政権」





    次は我々人間の番かもしれない。いや、間違いなくそうなる。

    【原発10キロ圏内取材】消えた飼い主を探してさまよう犬 dogs are abandoned.


      ↓  ブログランキングに登録しています。 ご飯は美味しいですね。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 日本を正常な国に戻したい
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    通りすがりに失礼します。

    筆者様の先物取引=マネーゲームのイメージを否定するつもりはありませんが、コメ先物市場の参加者が増え、現物との連動性がある程度担保されてくれば、生産者の方々が収益に対するヘッジ手段として利用することができますので、日本の米農家の方々の収益性の安定への寄与することが一部期待できますし、先物によるヘッジが生産者に浸透すれば、米農家の収益に対する国の補償にも見通しをつけることができます。

    >先物の仕組みが詳しくはどうなっているのか知りませんし、知りたくも無いですが・・・
    殆どの日本人に影響する事件でしょう。

    ならばなおさら仕組みを知る方が賢明です。
    もし現物価格が先物に大きく揺さぶられることになった場合でも、先物市場を使ってその影響を回避することができます。
    結局被害を直に被ってしまう責任の少なくとも半分は、これらの仕組みへの理解を怠り、金融リテラシーの低い状態に甘んじている我々国民にあるのではないか、と私は考えます。

    駄文を失礼いたしました。
    不適切ならば削除をお願いいたします。


    Re: No title

    通りすがり様、コメントありがとうございます。

    ええーと、先物の仕組みは少しは知っています(笑)
    さて、農業の問題です。
    認定農業者の年齢構成というものがありましたが・・・40~50歳代が約7割。
    北海道、九州、沖縄では40歳代の割合が比較的高いそうです。
    あと10年から20年もすれば農業従事者は半減するんじゃないでしょうか。

    ところで、通りすがり様は農業の仕組みはご存じでしょうか?
    一年を通して計画的に種まき、苗の育成、田んぼの管理(田植え、田の草取、
    水の調整)などなど・・・全て重労働です。他の野菜や果物も同じような事です。

    毎年作業は同じですが違うのはその年の天候です。
    天候に恵まれれば豊作ですが、逆の場合はどうする事も出来ません。
    神様の思し召しみたいなものです。
    ですからその土地それぞれのやり方で自然に感謝するお祭りをするのです。

    >これらの仕組みへの理解を怠り、金融リテラシーの低い状態に甘んじている云々・・・

    先物取引はギャンブルです。しかもレバレッジが有りますので非常に少額のお金で価格を
    操作する事が可能です。現在の世界の「ゼロ金利,金余り状態」でこの先物市場に参入する
    人達はどういう人達が参入するでしょうか?お米なんか一度も作った事も無ければ全く興味
    も無い人達が単に金儲けのために参加するのです。その結果、農家が損しようが消費者が
    高い米を買うことになろうが「知ったこっちゃねぇ~」って訳です。

    生産者がヘッジなどするでしょうか?
    美味しいお米を作るという事と先物市場でリスクヘッジする事は全く水と油ですよ。

    大正時代に需要を見越した商人たちの買占めで、米の価格が急上昇し、富山県東部を
    震源とする「米騒動」が起き、瞬く間に全国に飛び火し、急速に全国を席捲し史上かってない
    大騒動へと発展して行った。その結果、当時の寺内内閣は崩壊したそうです。

    主食を賭けてばくちをする農家の人間がいるとは思いません。
    リテラシー云々の問題では無いのです。
    いつでも里親募集中
    FC2カウンター
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    ガンジー名言集
    すべての人の目から あらゆる涙をぬぐい去る事が 私の願いである。
    相田みつを
    奪い合えば 分け合えば
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ブロとも一覧

    だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

    四次元の伝道師

    やっぱり、毎日がけっぷち

    海凛房 ギャラリー情報局

    ちびっこママのほのぼの日記

    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium

    THINKER blog
    リンク
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    プロフィール

    yanagitty

    Author:yanagitty
    弱いヤツにはそれなりに・・・
    コノハズク警戒中
    強いものには弱気で・・・
    安全なところからちょっとだけ
    吠えてみる。

    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。