スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    食料までも金儲けにする強欲な者たち

    産経ニュースから転載
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110219/fnc11021920440009-n2.htm

    【以下転載開始】

    食料高騰、打つ手見えず 「新興国vs先進国」利害対立、G20揺さぶる

    【パリ=山口暢彦】
    20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、食料高騰という世界経済の
    新たなリスクが顕在化する中で行われた。中東で拡大する反政府デモもインフレが引
    き金の一つになった。高騰の背景には、過熱気味な新興国の経済成長による需要増大
    と、米国を中心とする先進国の金融緩和に伴う投機マネーの流入がある。G20の対応は、
    市場の透明性確保や要因分析といった対症療法にとどまっており、有効な手立ては見えない。

     「食料価格は危険水準に達しており、貧困層に痛みと苦しみを与えている」
     世界銀行のゼーリック総裁はG20開幕を前に、各国に対応を迫った。

    国連食糧農業機関(FAO)によると、今年1月の主要食料価格指数は2008年6月を上回り、
    過去最高の水準に上昇した。

    米シカゴの先物相場でも、トウモロコシや大豆、小麦などの穀物が軒並み史上最高値をうかがう
    展開となっている。

    最大の理由は、新興国需要の急増だ。なかでも中国では、飼料用にも使われるトウモロコシの
    輸入量が3年前の20倍超に激増。自給している小麦も、「いずれ輸入国になる」(大手商社)
    といわれている。

    そこに先進国の金融緩和による世界的なカネ余りが拍車をかけた。景気回復に手間取る日米欧は
    超低金利政策を続け、「過剰な流動性」(ショイブレ独財務相)の供給で膨張した投機マネーが、
    商品市場に流れ込んでいる。

    食料のほか、原油や鉱物など天然資源も高騰。中東などの資源国は潤っているかにみえるが、
    「恩恵は特権階級にとどまり、かえってインフレに苦しむ民衆の不満をあおっている」(エコノミスト)
    のが実情だ。

    新興国は投機マネーが自国に流れ込み、インフレを招いていることにいらだちを強めている。なかでも、
    「民主化ドミノ」の飛び火を恐れる中国政府はG20開幕直前の17日にわざわざ、「昨年、海外から流れ
    込んだ投機資金の純流入額は355億ドルに上る」との試算を発表し、先進国批判を繰り広げた。

    これに対し、先進国の中でも米国は「(金融緩和による景気回復は)新興国の利益にもなる」(ガイトナー
    財務長官)と反論。割安な人民元を武器に輸出を増やし、過剰な黒字をため込む中国が「雇用を奪っている」
    とし、不均衡是正を迫る姿勢を変えていない。

    インフレに直面する新興国とデフレがぬぐえない先進国の利害対立は深まるばかりだ。

    G20の対策は、先進国がこれまで反対してきた資本流入規制を容認する一方で、商品市場の透明性確保
    という事後的な対応にとどまる。投機資金の取引規制といった直接的な手段には、米英が「自由な市場をゆ
    がめる」(関係筋)と慎重だ。

    そもそも、「需要急増に対応した供給拡大が重要で、規制の効果は限定的」(FAO関係者)との声は多い。
    G20では、6月に初の農相会議を開き、生産拡大などについて協議するが、干(かん)魃(ばつ)や洪水と
    いった異常気象で供給はむしろ不安定化している。

    世界の政治・経済を根底から揺さぶる食料問題で、協調と結束を図れるのか。
    G20は新たな試練を迎えている。

    【以上転載終了】



    食料までも投機の対象にする「アメリカに代表される金の亡者たち」。
    超低金利(ただ同然の金利)政策を続ける日本を含む先進各国。
    ただ同然の金利で金を貸し出すから投機マネーになってしまうのは当然!

    この金を調達できるのは、ほんの一部の超大金持ちの連中だけで一般の人間
    には何の恩恵も無いどころかか「害悪」でしかない。

    「投機マネー」についてどんな理屈を並べようが、きれいごと言おうがギャンブル
    でしかないのだ。G20で会議をしたところで有効な手立てなど有る訳が無い。

    「自由な市場をゆがめる」というのは好きなようにギャンブルをさせろ!という意味
    で、その事によって「世界中の人々が苦しもうが知ったこっちゃない」といったような
    意味だ。

    「需要急増に対応した供給拡大が重要で・・・」って、供給拡大が今日明日にできる
    訳もない。G20に出席したやつらが供給拡大のため率先して額に汗してどこか荒地
    でも開拓してみたらいい。案外農業の楽しさに目覚めるかも?

    ルールをこの様に変えれば簡単に解決するのだが・・・これが難しい訳で。
    1.各国の金利を上げる。
    2.世界レベルで投機マネーの資金量を制限し、またそれを監視する。
    3.穀物の先物相場に取引手数料を課し、その資金を新興国の食物生産振興に充てる。
    4.先物市場というばくち場を閉鎖する。

    まあ…こんな事を提案し実行しようなどとしたら命がいくつあっても足りないと思うが。

    しかし、チュニジア・エジプト・イエメンその他やイランにまで革命のエネルギーが伝播
    している現在、この食料高騰という問題は世界中でさらなる革命(暴動)に直結する事
    になるだろう。なにしろ食料が不足し生命の危機という事になったら失うものなど何もな
    いのだから。

    やっぱり地球はこの宇宙域で、北朝鮮なみの惑星なのだろう。
    ああ「脱北」したいなぁー


    さとうきび畑 夏川りみ




      ↓ 食べ物が暴騰する事に反対の方はぽちっとお願いします。


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    いつでも里親募集中
    FC2カウンター
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    ガンジー名言集
    すべての人の目から あらゆる涙をぬぐい去る事が 私の願いである。
    相田みつを
    奪い合えば 分け合えば
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ブロとも一覧

    だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

    四次元の伝道師

    やっぱり、毎日がけっぷち

    海凛房 ギャラリー情報局

    ちびっこママのほのぼの日記

    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium

    THINKER blog
    リンク
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    プロフィール

    yanagitty

    Author:yanagitty
    弱いヤツにはそれなりに・・・
    コノハズク警戒中
    強いものには弱気で・・・
    安全なところからちょっとだけ
    吠えてみる。

    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。