スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日本の幸福度はなんと世界の90番目!

    日本は戦後、奇跡の経済発展をしてきた訳だが、経済が発展しても必ずしも幸福にはならないという
    証明をしてしまったようだ。カネが有っても、心が貧しく使い方を誤ってしまえば現在のような情け
    ない国になってしまう。

    それでも日本は戦後65年あまり、直接には戦争をしていないのだからまだマシとは言えるのだが。

    一体誰のために我々は生きてきたのだろう?自分のため、家族の幸せのため働いてきたと思っていた
    筈だが、ふと気がついたらそれは全く違っていた。

    全て、アメリカとその背後にいる勢力に吸い取られてきたのだ。

    我々日本人は本当の意味での国民の幸福を考える時期に来ている。
    取戻さなければ…



    防衛施設庁HPより一部転載
    http://www.mod.go.jp/dfaa/index.html

    2008年現在、米軍施設は29都道県に、米軍専用施設に限っても13都道県に置かれ、その面積の33%は北海道、
    これに次ぐ22%は沖縄県に集中している(日米地位協定 4-2-(b)による有事の場合の一時利用地を計算に入
    れた場合)。

    米軍専用施設に限ればその74%は沖縄県に集中[2]する一方で、四国・近畿・中京・日本海側にはほとんど
    置かれていない。また、首都圏では東京都の首都中枢を取り囲むように設置されているが、陸上戦力はほぼ
    皆無である。日米地位協定により自衛隊が共同使用している在日米軍専用施設の土地面積は約38,000,000m²
    である[6]。

    【転載終了】




    日本の幸福度はなんと世界の90番目「幸せな国」が中小国ばかりなのはなぜ?


    DIAMOND online
    http://diamond.jp/articles/-/15144

    【転載開始】

     GNHランキングのトップ20を見ると、ざっと以下の通りだ。ブータンだけでなく、
    「幸せな国」は実はこんなにある。

    「ブータンは物質的な成長を積むことが必ずしも幸福と結びつくわけではないと主張し、
    これまでの説とは別の方法で考えようとしてきました。ブータンは、これまでの概念に対して、
    その発展の度合いを測るのにGDP(Gross Domestic Product/国民総生産)ではなく
    GNH(Gross National Happiness/国民総幸福量)を使っています」

     GNHの指標としては、次の4つのポイントが重視されている。これらを踏まえた質問項目を
    基に聞き取り調査が行なわれ、国民の幸福度が調べられているのだ。

    1.公正で公平な社会経済の発達
    2.文化的、精神的な遺産の保存、促進
    3.環境保護
    4.しっかりとした統治
    ・・・
    中略
    ・・・
     GNHランキングのトップ20を見ると、ざっと以下の通りだ。ブータンだけでなく、
    「幸せな国」は実はこんなにある。

     1位・デンマーク、2位・スイス、3位・オーストリア、4位・アイスランド、5位・バハマ、
    6位・フィンランド、7位・スウェーデン、8位・ブータン、9位・ブルネイ・ダルサラーム、
    10位・カナダ、11位・アイルランド、12位・ルクセンブルク、13位・コスタリカ、14位・マルタ、
    15位・オランダ、16位・アンティグアバーブーダ、17位・マレーシア、18位・ニュージーランド、
    19位・ノルウェー、20位・セイシェル

     興味深いのは、先進国の中でも世界情勢にそれほど大きな影響を与えない経済規模の
    国や、ニュースでほとんど名前を聞くことがない小国が、軒並み上位を占めていることだ。
    ここではブータンも、世界第8位の「幸福国」と位置づけられている。

     それに対して、経済大国と言われる国々や成長著しい新興国は、20位以内にさえランク
    インせず、そろって下位に甘んじている。

     23位・アメリカ、 35位・ドイツ、41位・イギリス、50位・イタリア、62位・フランス、82位・中国、
    90位・日本、125位・インド、167位・ロシア

     世界銀行が発表する国民総所得(GNI)では、ブータンは日本の約22分の1に過ぎない。
    各国の経済援助に大きく頼ってきた時代もある。にもかかわらず、日本はブータンに「幸福度」で
    82位も水を空けられていることになる。
    ・・・
    中略
    ・・・
     第二に、国家の主導による充実した社会システムづくりも、国民の幸福感にダイレクトに
    影響を与える重要なポイントだ。前出のランキングで首位に君臨するデンマークでは、治療費
    や入院費、教育費が無料、18歳以降は国が国民の扶養義務を負うという、日本では想像も
    つかない充実した社会保障制度が構築されている。

     盤石の財政や、食料自給率、エネルギー自給率の高さなどがこれを支えていることは間違い
    ないが、手厚い年金制度をはじめ、国民が生涯不安を持たずに生きていける環境設計は、
    見事という他ない。これは、同じく上位にランクインするノルウェー、スウェーデン、フィンランド
    などの北欧諸国にも共通している。

     忘れてならないのは、これらの国で「破格」とも言える充実した社会保障制度が成り立って
    いる背景に、国民が重い負担を受け入れて制度を下支えしているという事実があることだ。

     社会保障制度は、限られた財源を国民に分け与える仕組みであり、充実させたところで国の
    成長には直接結びつかない。そうした性格の制度を維持するためには、国民の理解が必要と
    なる。社会システムが充実している国の国民は、「皆で負担し、富を分かち合おう」という意識が
    強く、心が豊かであるという言い方もできよう。このような国民の潜在力が、結果的として国の
    競争力を高めているケースも少なくない。

    【転載終了】




    スキマスイッチ 全力少年



      ↓  ブログランキングに登録しています。押していただければ嬉しいです。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 世界恒久平和を実現しよう
    ジャンル : 政治・経済

    コメントの投稿

    非公開コメント

    お久しぶりです

    その為にはまずこの国にはびこってる奴隷の信仰
    「実力主義」をどうにかしないといけませんね。

    Re: お久しぶりです

    アイパッチ様、お久しぶりです。お元気でしょうか?

    「金を設けた奴がエライ」という信仰から脱却しないとだめですね。
    日本は明治維新以前に戻ってやり直したほうがいいと思います。
    それは「鎖国」しか有りません。
    そして日本がいやな人達には、とっとと出て行って欲しいです。

    またコメよろしくお願いします。
    いつでも里親募集中
    FC2カウンター
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    ガンジー名言集
    すべての人の目から あらゆる涙をぬぐい去る事が 私の願いである。
    相田みつを
    奪い合えば 分け合えば
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ブロとも一覧

    だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

    四次元の伝道師

    やっぱり、毎日がけっぷち

    海凛房 ギャラリー情報局

    ちびっこママのほのぼの日記

    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium

    THINKER blog
    リンク
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    プロフィール

    yanagitty

    Author:yanagitty
    弱いヤツにはそれなりに・・・
    コノハズク警戒中
    強いものには弱気で・・・
    安全なところからちょっとだけ
    吠えてみる。

    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。