スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    誰が、どこの国がテロリストなのかを考える。

    この人が時期アメリカ大統領になることはたぶん天地がひっくり返ろうとも無いでしょう。
    なって欲しいですけど…なったら世界平和に一歩近づくかも知れませんね。

    人を騙そうとする人は…
    自分はいい人で「あなたの為をいつも思っているんだよ」とか、
    「あなたの為にこんな事をしてあげたよ」などと相手に自分の事を信じさせようと
    一生懸命になりますよね。

    各国政府も国の内外を問わず同じような事を言います。
    特にアメリカは鬱陶しいほど世界中に「民主主義」や「正義」という嘘を垂れ流しますね。

    アメリカ大陸を侵略して以来、先住民は虐殺しほぼ絶滅させた。バイソンは絶滅の危機
    に瀕している。アフリカ大陸から奴隷を非合法に集めて来てはさんざん人種差別をし、
    世界中から移住を募り、貧困層を増やし兵士を戦場に送り続ける。

    つまり建国以来ずっと戦争を続けている邪悪な国アメリカ。
    アメリカの国民は自分の家族を戦場に送る事をどう思っているのだろうか?
    殺戮の為の武器を作り続けている事は…?
    世界中に“死を撒き散らし広めている”事は何も感じないのか?

    綺麗事で嘘を言い、騙し、侵略し、略奪をし、欺き、虐殺をし、人種差別をする偽物の国アメリカ 。


    ウィキペディアより

    【アメリカバイソン】
    食用とされることもあり、皮は防寒具に利用されていた。
    皮目的や娯楽としての乱獲により生息数は激減した。ネイティブ・アメリカンは、
    食用や毛皮用に群れを崖に追い込むなど伝統的な手法により狩猟を行っていたが、
    西部開拓時代に猟銃による狩猟が行われるようになると、数千万頭の生息数は激減。
    アメリカ政府は、減少したアメリカバイソンを保護せず、むしろ積極的に殺していった。
    ネイティブ・アメリカンをインディアン居留地に押し込めるため、兵糧攻めを目的として
    複数のネイティブ・アメリカン部族の主要な食料であったアメリカバイソンを計画的に
    絶滅させる方策をとったためである。その背景には、牛の放牧地を増やす目的もあった
    とされ、アメリカバイソンが姿を消すと牛の数は急速に増えていった。
    19世紀末には1000頭未満にまで減少した。
    現在は生息地で保護され、生息数は数十万頭まで回復したとされる。


    CIAをぶっ壊せ! ロン・ポール下院議員


    ロン・ポール議員の発言集『Stop Dreaming』



      ↓  ブログランキングに登録しています。押していただければ嬉しいです。


    スポンサーサイト

    テーマ : 世界恒久平和を実現しよう
    ジャンル : 政治・経済

    リビアで二度と見られなくなる16項目という驚きの内容。

    カダフィは世界中で言われているほどの悪人だったのでしょうか?

    我々は「公式発表」でしか知ることはできませんから本当か嘘かは「噂」程度でしかわかりません。
    しかし、このことも含めて真実は近いうちに歴史が証明することでしょう。

    この国を民主化と称して爆撃したNATOという組織とは何なのだろう?
    イラクへの攻撃もそうでしたが、他国の主権を無視して攻撃するのは戦争行為ではないのか?

    戦争には必ず論功行賞が付きものですがどの国が利益を得るのでしょうか?

    獣達の仕業です。そして…今後は、ハイエナのようにリビアに群がり食い尽くすつもりでしょう。

    その後は民主化の名において、この16項目は見る影もなくなり、リビア国民が気がついた
    時にはすでに戻れない道を進んで来たのを知る事でしょう。

    そして、この次の目標はイランかシリアあたりか?

    とにかく国際金融勢力の思いのままですね。

    攻撃の理由なんてどうにでも捏造できるし。

    日本もそのうち爆撃されたりして。


    この16項目を見ると、リビアはなんていい国なんだろう!
    と思うのは私だけでは無いでしょう。

    2011年11月1日追記 
    カダフィーがこの政策を本当に実現していたのなら、
    政敵を弾圧することは国民のためということになりますよね


    リビアで二度と見られなくなる16項目

    【引用開始】

    1.リビアには電気代の請求書が存在しない。電気は全国民、無料だ。
    2.融資には金利がなく、リビアの銀行は国営で、全国民に対して与えられる融資は、
      法律で金利ゼロ・パーセント。
    3.リビアでは住宅を所有することが人権と見なされている。
    4.リビアでは全ての新婚夫婦が、新家族の門出を支援するため、最初のアパート購入用に、
      政府から60,000ディナール(50,000ドル×@80円/$→450万円)を受け取る。
    5.リビアでは教育と医療は無償。カダフィ以前、識字率はわずか25パーセントだった。
      現在、識字率は83パーセント。
    6.リビア人が農業の仕事につきたい場合には、農園を始めるための、農地、家、器具、種、
      家畜が、全て無料で与えられる。
    7.リビア人が必要な教育あるいは医療施設を見いだせない場合、政府が外国に行くための
      資金を支払い、さらには実費のみならず、住宅費と自動車の経費として2,300ドル/月、支払われる。
    8.リビア人が自動車を購入すると政府が価格の50パーセントの補助金を出す。
    9.リビアの石油価格は、リッターあたり、0.14ドル。
    10.リビアに対外債務は無く、資産は1500億ドルにのぼるが、現在世界的に凍結されている。
    11.リビア人が、卒業後就職できない場合は、本人が雇用されているかのごとく、特定職業の
       平均給与を、職が見つかるまで国が支払う。
    12.リビア石油のあらゆる売上の一部がリビア全国民の銀行口座に直接振り込まれていた。
    13.子供を生んだ母親は、5,000ドル支払われる。
    14.リビアでは、パン40斤が0.15ドル。
    15.リビア人の25パーセントが大学の学位を持っている。
    16.カダフィは、この砂漠国家のどこででも自由に水が得られるようにするため、大人工河川計画
       として知られる世界最大の灌漑プロジェクトを遂行した。

    【引用終了】




    2011年11月4日追記

    リビア攻撃は2001年から計画されていた


    アメノウズメ塾中級編⑮カダフィが殺された訳①

    アメノウズメ塾中級編⑯カダフィが殺された訳②

    アメノウズメ塾中級編⑰カダフィが殺された訳③

    リビア カダフィの死にアフリカ全体が泣いている


      ↓  ブログランキングに登録しています。押していただければ嬉しいです。



    テーマ : 反米・脱米
    ジャンル : 政治・経済

    東南海地震:「地震の次は何をお見舞いしましょうか」とB29がビラ

    第二次大戦のころ既に地震兵器はあった!

    B29が「地震の次は何をお見舞いしましょうか」という日本語のビラを撒いた。

    その後、原爆で民間人(非戦闘員)を大量に虐殺した。




    NHKにしては珍しい番組ですね。

    さてはてメモ帳 興味深い記事がいっぱい書かれています。「ちきゅう」のことも・・・
    http://satehate.exblog.jp/16730972/






      ↓  ブログランキングに登録しています。


    テーマ : 戦争・原爆
    ジャンル : 政治・経済

    いつでも里親募集中
    FC2カウンター
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    ガンジー名言集
    すべての人の目から あらゆる涙をぬぐい去る事が 私の願いである。
    相田みつを
    奪い合えば 分け合えば
    検索フォーム
    最新記事
    最新コメント
    ブロとも一覧

    だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

    四次元の伝道師

    やっぱり、毎日がけっぷち

    海凛房 ギャラリー情報局

    ちびっこママのほのぼの日記

    まほろばの蒼き惑星・・・宇宙の詩。 Psychic Medium

    THINKER blog
    リンク
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    プロフィール

    yanagitty

    Author:yanagitty
    弱いヤツにはそれなりに・・・
    コノハズク警戒中
    強いものには弱気で・・・
    安全なところからちょっとだけ
    吠えてみる。

    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。